ごあいさつ

 

夢屋舞組は2009年2月に結成された今年で9年目の比較的新しいよさこいチームで、近畿地方は和歌山県のど真ん中にある『御坊・日高地方』を本拠地に活動しています。

 私たちのチームは『鳴子(なるこ)』の音色にこだわった『高知スタイル』のよさこい鳴子踊りを踊っています。よさこいの4大要素である『楽曲』『衣装』『振付』『地方車』を毎年変えて、その年その年の作品作りに全力を尽くしながらメンバー全員で『よさこい鳴子踊り』を全身で楽しんでいます。

 小学生からおばあちゃんまで…地方の田舎にある小さな小さなファミリーチームですが、小さくともキラリと光るチームを目指しています。

 さてさて…今年も新作を初披露する時期がやって参りました。皆様ご存知のように夢屋舞組の作品には『一貫性』がありません!(笑)毎年いろんなジャンルのよさこい踊りにチャレンジしています♬ 今年も観客や他チームの皆様に『そう来たか?』と驚いていただくべく、日夜練習に励んでいるところです。幸いにも周りの皆様から『楽曲が楽しみ!』『衣装はどんなの?』『振付はどんな感じ?』という声をいただいています。今年の『おどるんや〜第14回紀州よさこい祭り〜』の第1日目、和歌山マリーナシティ演舞場では、くろしおステージのトップバッターを務めさせていただきます。まさにそのトップバッターで新作を初披露させていただくのです。

 夢屋舞組のお家芸である響き渡る鳴子の音色と、色鮮やかな衣装による隊列美を是非ご堪能下さい。

 

平成29年6月吉日

紀州よさこい鳴子連・夢屋舞組

代表 吉田 勉