今年も迷言が生まれるか???

 

おどるんや〜第15回紀州よさこい祭り〜まで、あと17日…。

 

SNS等で盛んに「カウントダウン」が展開されていますね!(@_@)

ただしチーム内では「本番まであと何日!」よりも「本番まで練習があと何回!」の方が重要視されています。(笑)

夢屋舞組に限って言えば、お祭りは「おどるんや」だけではありません!

夏以降にたくさんのお祭りに参加しています。

ただ…それぞれのお祭りに対して「カウントダウン」はあまり行いません!

どうしてでしょうか???

 

それは「おどるんや」がその年の新作の「初披露」の場であるからです♬

 

チームの年間活動の中心に位置するお祭り。

しかも…和歌山県内で一番大きなよさこい祭りということもあります。

県内の多くのよさこいチームにとっても、たぶん同じことが言えるのではないでしょうか???

 

前置きが長くなりました。(←前置きっ???)

そろそろ「煽り(あおり)」を考えなければならない時期になりました。

例年なら6月に入ると「代表、そろそろ練習でも煽りを入れて下さい!」と催促してくる振付統括が、ここ数年は7月に入っても催促がありません!

ボクの学習能力のなさ…いや、ボクのスタイルがようやく理解されたようです。

踊り子の演舞が限りなく「完成」に近づかないと、煽りのセリフなんて頭に思い浮かんで来ません!(´。`)

そろそろ衣装を着用しての練習が始まります♬

衣装を着た踊り子の姿を見て、初めて「本番用」のセリフが浮かんで来ます。

面倒くさい代表でしょ???(笑)

 

果たして昨年の「ルイルイ♬」に代わる迷言は生まれるのか?

 

自分でハードルを上げる…というよりも、自分で自分の首を絞める境地に達しないと、迷言なんて生まれません!(笑)